<風俗情報>マゾ男にはたまらない風俗のM性感

<風俗情報>マゾ男にはたまらない風俗のM性感


<風俗情報>マゾ男にはたまらない風俗のM性感
"何歳になっても男性というのは性欲があるもので、それを解消するために風俗を利用されることでしょう。
風俗というのはある意味で非現実的なことを体験することの出来る言わば男性天国とも言えるのです。
M性感ではSM倶楽部のように激しいイジメをするようなサービスはありません。
ソフトなM男君向けの風俗となっているので、Mっ気の無い男性にとっては、少々不快になることがありますのでご注意ください。

最初にM性感というのがどんなサービスなのかを店舗に確認しておくようにしましょう。
M性感という名称でSM倶楽部並の激しいサービスをしてくる風俗もあるので注意が必要です。M性感では一般的には男性客のみが全裸となってプレイが進められていくこととなります。
女の子から簡単なイジメを受けることとなるので、女の子は脱ぐことがほとんどありませんが最近ではヘルスサービスも一緒にしてくれるM性感もあります。"



<風俗情報>マゾ男にはたまらない風俗のM性感ブログ:26-12-2021

おれ達夫婦は
ちょうど10年目に入ったところです。

1週間くらい前、おれは、
奥さんのはめている結婚指輪に、
随分キズができていることに気がつきました。

10年目にもなれば、指輪もそんなになるんだね…
と話をしていた時、おれは、ふと、
「そういえば、俺の結婚指輪どこにあるんだろう」
とクチに出しました。

「失くしちゃったんじゃないの?」
という奥さんの言葉を背に、
確かにここに仕舞ったはずだと、探してみると、やっぱりありました。

おれは、大学生の頃から、
指や腕にアクセサリー等をつけると、
手首が痛くなるという症状がでるのでした。

指輪やブレスレットはおろか、
腕時計もできないくらい…

そんなおれも、指輪を買うことになりました。
今の奥さんと結婚するからです。

ところが、おれは指輪をすることができません。
せっかくの結婚指輪だからと、結婚当初は試みてみましたが、
やっぱり手首が痛くなってしまうのです。

それでも、せめて身につけることだけはしておこうと、
持ち歩いたりもしましたが、それこそ失くしてしまいかねません。

そんなわけで、結局、おれは、
10年目を迎えた今まで、結婚指輪をしていませんでした。
それどころか、指輪の存在そのものを忘れていたのです。

今なら指輪ができるかもしれない。

そう思って、その瞬間から結婚指輪をすることにしました。
すると、しばらく経っても手首は痛くなりません。
結局、その夜は、手首が痛くなりませんでした。

翌9時、起きてみても、変化はありません。

その夜。
次の9時。
そして、また、その夜…
問題は起こりませんでした。

こうして、今日まで、
結婚指輪はおれの指に納まっています。
今まで仕舞ってあったから、ピカピカ光って…
まるで、結婚したばかりのようです。

<風俗情報>マゾ男にはたまらない風俗のM性感

<風俗情報>マゾ男にはたまらない風俗のM性感

★メニュー

<風俗情報>親切ではない業者は完全リスト外
<風俗情報>ネットリさがたまらない刺激的な風俗
<風俗情報>次回もっとサービスをしてもらうために
<風俗情報>マゾ男にはたまらない風俗のM性感
<風俗情報>風俗入門として初心者にオススメ
<風俗情報>嫌いな人は嫌い!好きな人は大好き!!
<風俗情報>ソフトな性的サービスのあるマッサージ
<風俗情報>デリヘルは女の子が帰るまで楽しもう
<風俗情報>初めてのデリヘル業者ならメールでチェック
<風俗情報>意外とホームページが重要な参考資料


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レッツゴー風俗